富創グループ沿革

1936年 品川区西五反田で、富創の前身となる挽物加工の会社を設立
1956年 品川区西五反田で有限会社富創製作所を設立
主に工作機械による切削加工
1966年 コネクタ業界に参入(多種の樹脂使用)
1969年 本格的焼入金型使用開始(ガラス繊維入樹脂への対応)
1970年 業界に先がけてサブマリンゲート方式の技術確立
自動無人化成形への歩みを始める
1976年 東京都調布市柴崎に移転
1979年 PBT製造メーカーの材料改良改善に寄与
1982年 株式会社山梨富創操業開始
夜間完全無人システム確立
1984年 株式会社エレッツ創立
1987年 クリーンバリヤ販売開始
1995年 株式会社福島フソー操業開始
1999年 自社開発トレイ搬送装置完成
2001年 精密プレス部門設立(自社設計による金型製作開始)
2002年 自社開発成形機周辺機器大幅導入
株式会社福島フソー 工場増設( クリーンルーム新設)
2004年 ISO 9001:2000取得
2006年

株式会社山梨富創改築

2008年

自社製作画像選別装置完成

2011年

山梨富創を株式会社富創に社名変更

株式会社富創ホールディングス設立(持株会社)

会社分割により富創製作所の事業を株式会社富創と株式会社福島フソーに承継

松永法之が株式会社富創および株式会社福島フソーの代表取締役に就任 

2012年

株式会社富創 志田工場 完成

2014年 

クリーンバリヤを除くエレッツ製品の販売終了

2015年 

ISO14001/2004取得 

2017年

マネジメントシステムを更新(ISO9001:2015, ISO14001:2015)

2018年 福島フソー ソニー株式会社のグリーンパートナー環境品質認定取得

 

2017年

マネジメントシステムを更新(ISO9001:2015, ISO14001:2015)